もっと便利な使い方

サンプル集

BarTender

ラベルデザイン

  • オブジェクトの印刷条件を設定
    テキストやバーコードを印刷するかどうかを条件により切り替える方法です。
  • レイヤー機能
    オブジェクトを複数の階層に分けてまとめて管理できます。
  • テンプレート機能
    ひとつのドキュメント(btwファイル)で複数のレイアウトを持つことができます。印刷後に区切りのラベルを印刷したり、条件によりレイアウトを選択することができます。
  • テーブル機能による帳票作成
    テーブルを利用すると表形式でテキストを表示できるほか、データを表に関連付けることで、1枚のラベル内に複数のレコードを印刷したり、合計などを印刷できます。
  • ページテンプレート
    複数のラベルを1ページに印刷するときなどに、ページの余白にページ数やヘッダなどを印刷することができます。
  • RFIDタグの書き込み方法
    RFID書き込み対応のプリンタを利用して、ラベル印刷と同時にRFIDタグの書き込みを行うことができます。

データベース接続

VBスクリプト

ログ、集中管理、セキュリティ

Administration Console (BarTender2016以降)

テキストファイルのログ

システムデータベース (SQL Serverにログを記録)

セキュリティ

自動発行(オートメーション)とシステム統合

コマンドライン発行

コマンドラインパラメータを付加してBarTenderアプリケーションを実行すると、簡易的に自動発行を行うことができます。

インテグレーション(BarTender 2016以降)

Commander(BarTender10.1以前)

Commanderはフォルダやポートを監視し、ファイルやデータが届いたことを検知してラベルを自動発行します。

BarTender .NET SDK / ActiveX

Webシステムからの印刷

Short URL :